Web デザインの色の選択を売り物にする

色は Web デザインにとって非常に重要な要素であるため、強調しきれません。 さまざまな色がさまざまな程度で人々の気分に影響を与えることは誰もが知っているので、これはあなたの会社に対する顧客の視点にも影響を与えます.

あなたはおそらく、羨望の的で緑色であると人々が話しているのを聞いたことがあるでしょう。 もちろん、赤を見ることは、マタドールの赤いマントを追いかける雄牛のように、大きな怒りを示しています. したがって、色はあなたのウェブサイトを見ている人々のさまざまな気分に影響を与えるので、さまざまな色すべてに伴う気分について、次の注意事項に注意してください.

ニュートラルカラー

黒はしばしば死と憂鬱を連想させますが、黒のネクタイのように洗練と優雅さも連想させます。 たとえば、ジュエリーを販売している個人は、Web デザインで多くの黒を選択することがよくあります。 グレーは、信頼性と保守性を意味するため、ビジネス界の人々に何度も選ばれています。 これらは、2 番目の色と一緒に使用する場合、Web デザインに最適なビジネス用の色です。 白は、少なくとも結婚などの西洋文化では清潔さと純粋さを表していますが、東洋文化では死を意味します. これは、ページの色に関しては、Web デザインで最も使用される色の 1 つです。 ブラウン – アーストーンを基調としたアットホームな雰囲気を醸し出します。 ほとんどの場合、自然製品やサービスを販売するサイトの所有者に好まれます。

クールな色

紫には、特に暗い色合いとロマンチックな明るい色合いの創造的な能力があります。 出会い系サイトや美容系サイトのWebデザインでよく見かけます。 青は信頼と知性を示します。 心を落ち着かせる効果があります。 緑は嫉妬などのネガティブな感情を連想させることが知られていますが、ポジティブな側面は富とたくさんのお金を持っていることです。 サイトがお金を扱っている場合、Web デザインにこの色を選択できます。

暖色系

赤は、目立たせたいものを強調するために大きな注目を集め、血圧を上昇させる可能性があるため、Web デザインに関して赤を使用する場合は注意が必要です。 ピンクはロマンチックで無邪気な、よりフェミニンな解釈です。 これは、クラフト サイトやベビー サイトが Web デザインの色として好んでいるように見える色です。 オレンジは食欲を刺激することで知られています。 黄色は幸福と暖かさを意味しますが、逆は臆病または弱さを表します。

さまざまな色をすべて説明したので、Web サイトに配置するための補完的な色について説明する必要があります。 あなたのメッセージを人々に飛び出させたいのか、それとも温かい気持ちを作りたいのかを決める必要があります.

どの色があなたを最も満足させるかをメモすることで、あなたが望む雰囲気を実現することができます. 最良の背景色はおそらく白でしょう。他の色を目立たせて鮮明にするためです。 1 つをドミナント カラーとして使用し、もう 1 つを補色として使用できます。 それらをブレンドして、目に心地よいものにします。 1 つの配色を使用したい場合は、同じ色のさまざまな色合いをさまざまな程度で使用できます。

次に、潜在的な顧客の注意をすぐに引きたい場合は、2 つ以上の支配的な色を使用して彼らに飛び出させます。 ただし、鮮やかな色は多くの人にとって刺激になる可能性があるため、これは逆効果になる可能性があることを忘れないでください. Web デザインに適した組み合わせに落ち着くまで、いくつかの異なる組み合わせを試してみてください。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *