納期厳守 – メリットとデメリット

納期厳守とは?

名前が示すように、簡単に言えば、オンタイムデリバリーとは、顧客の要件を満たし、製品またはサービスを時間どおりに顧客に届けるビジネスの能力です。 おそらく時間は、顧客が懸念する最も重要な問題の 1 つです。 製造や受注プロセスで時間を大切にしないビジネスは成功しない傾向があります。 これは事実です。なぜなら、顧客はすべての注文が時間通りに配達されることを望んでおり、これは企業が確実に達成しなければならないことだからです.

サプライ チェーン管理の全プロセスを通じて、一貫した納期厳守は非常に重要であり、実際、あらゆるビジネスの成功にとって非常に重要です。 SC 部門は、製品がクライアントとそれぞれの顧客に時間通りに届けられるようにします。 これは、流通センター、小売店、および会社の販売店で製品を直接販売することにより、顧客とビジネスの間のサプライチェーンのボトルネックを最小限に抑えることで実現できます。 企業は、商品を時間通りに製造して顧客に届けるために、定期的で忠実なサプライヤーからの原材料の一貫した供給を必要としています。 この工程にズレが生じると、製品の生産や納品が遅れ、お客様への納品が遅れてしまいます。

テクノロジーの進歩のおかげで、多くのソフトウェアが現在、生産およびサプライ チェーン プロセス全体を効率的に管理するために使用されています。 製造部門に携わるすべての企業は、クライアントや顧客への納期を確保するために、サプライチェーンプロセスで日常的にさまざまな要因を探す必要があります. 材料リードタイムは、サプライヤーが製造用の原材料を配送するのにかかる平均リードタイムです。 この時間の履歴分析を行って、タイミングの変動を把握し、可能な限り修正することができます。 その結果、その時間を最小限に抑えるために、サプライヤーに連絡するか、新しいサプライヤーを手配します。 多くの企業は、ジャストインタイムの概念を導入して、在庫のコストを削減し、ビジネスの製造と収益の可能性を高めています。 これは、実際に製造が行われる直前に原材料が製造工場に到着するという日本の考え方です。 原材料を注文する時間、スペース、コストを大幅に節約できます。

これは財政を節約するための優れたアプローチですが、供給が遅れることが多い低コストの国へのアウトソーシングを介して原材料を調達するサプライチェーンプロセスが含まれる場合、これは確かに最良の方法ではありません. これにより、製造プロセス全体と会社のマーケティング活動が妨げられ、製品や完成品の納品が遅れます。 完成品の納品が遅れると、クライアントは不満を抱き、ビジネス活動が混乱します。

サプライチェーン管理は、製造業に関わるすべてのビジネスの重要かつ重要な側面です。 市場を首尾よく支配するために、企業は自社と忠実な顧客との間のボトルネックを最小限に抑えるようにします。 これを行うために、SC 部門は、原材料が時間内に到着し、最終製品への変換に使用されることを確認します。 これにより、適切なタイミングで適切な品質の製品を顧客に適切に届けることができます。

約束された期間よりも遅れて顧客に製品を届けたいと思う会社はありません。 これは、ビジネスの継続性のためにクライアントとの長期的な関係を築くために行われます。 ただし、正しく従わなければ、企業は最悪の結果に直面する可能性があります。

1. 顧客の信頼の喪失 – 企業が製品を遅れて納入すると、企業が直面している深刻な期限の問題について、顧客は懐疑的になり、疑念を抱くようになります。 万一配達が遅れても、顧客はその影響を受けない可能性があります。 しかし、製品の納期遅延が続くと、会社にとって重大な事態につながる可能性があり、最初の事態は顧客の信頼を失うことです。 顧客とクライアントは、製品を予定どおりに納品できないビジネスに対する信頼を失います。

2. 関係の喪失 – 製品の納品が遅れたために企業が支払わなければならない最も深刻なコストの 1 つは、関係の喪失です。 新しいクライアントは、現在のビジネスとの関係を即座に断ち切り、新しいビジネスとの関係を構築するために移動します。

3. 利益の損失 – 顧客が製品の納期遅延に対して支払いを行わない場合、企業は最終的に損失を被り、収益性と収益の面で引き続き苦しむことになります。 ビジネスが倒産するかもしれない時が来るかもしれません。

4. キャッシュ フローの遅延 – キャッシュ フローはビジネスに出入りしますが、継続的なキャッシュ フローのアウトは、会社内で発生している深刻で憂慮すべき状況につながります。 これにより、ビジネス プロセスが深刻な信用危機と金融危機に陥る可能性があります。

5. 非効率 – 会社はリソースを効率的に使用していません。 これは、完全に停止すると、生産コストが高くなることにつながります。 ビジネスは、生産コストと従業員の給与と賃金を負担する必要があります。

6. 評判の喪失 – 製品が一貫して時間通りに届かない場合、いわゆる「製品のブランド イメージ」は顧客によって完全に破壊されます。 その結果、会社の評判が悪くなり、評判管理手法に積極的に関与して、経営の悪い面を隠すためにプレス リリースを発表する必要があります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *